ジューリョーAGAINが根暗オタも重量挙げが出来る言葉で良かった

少年漫画の出だしみたいな絵柄に惹かれてヨアケモノを読むと、初っ端から介錯シーンで吹きました。軽い感じのホームとは裏腹に悪徳コマが出てきてビックリですが、やっぱりふと違う拡大になっています。なのでいよいよヨアケモノ本編として、演劇は1864年のある山、山犬という少年両人が現れます。一団の侍陣を斬り捨てめくる彼等は、無性に強かったですね。こういう両人は京へという向かい、新撰チームを求めて退職発足だ。そこには手自慢の剣客陣がトライアルを受けに集まっていて、殺伐とした匂いとなっています。歳も発祥も関係弱い新撰チームは剣が洗い浚いで、彼等も成り上がる事が大丈夫につきある。血液の臭いがするグループがいっぱい要る京のストリートには、どこかに獣が混じっているみたいです。そんな時、新撰チームのトライアルは解除として、長州の間者が出たとかいよいよで騒ぎになっていました。山犬たちは、それを転機と見て、恩知らずを見つけ出そうとするわけですね。人相書きを見ると、普通にストリートを歩いていたダディです事が発覚行なう。そんな感じで侍狩りとなりますが、そこできつい離別が待っていました。なんていう中毒性があるはやりだけに、掴むのが立ち寄りませんでした。おいおいなぎ倒したパートナーがイモリの妖怪とか、もっと何が起こっているのかわかりません。ヨアケモノというだけに獣系の気質が多いという気分なのでしょうか。まだまだ始まりだけに、後が読めませんが、ちょい面白くなってきましたね。どんだけ妖怪気質が出てくるのか判らないレベルのレジスタンスが連発で、抱腹絶倒経路に熱いだ。